法務研究科長からのメッセージ

ー地域に奉仕し、地域に根ざした法曹養成ー

法務研究科長

法務研究科 研究科長
神例 康博

 岡山大学法科大学院は、「地域に奉仕し、地域に根差した法曹養成」を教育理念に掲げ、これまで、岡山弁護士会ほか、自治体、企業等のご支援も得ながら、数多くの優秀な法律家を様々な分野に輩出してきました。また、平成24 年には、当研究科の教育理念の一層の実現を目指して、「岡山大学法科大学院弁護士研修センター(OATC)」を設置し、組織内弁護士の養成を中心とした法曹継続教育の充実にも努めてきました。

 今日、法科大学院を取り巻く情勢は、大変厳しいものがあります。個々の法科大学院の真価が問われているといえるでしょう。岡山大学法科大学院は、岡山大学法学部の法曹養成の伝統を継承しつつ、地域の中核的国立総合大学の強みを活かしながら、司法試験合格に向けた法曹養成教育と司法試験合格後の法曹継続教育とを一体として捉えた教育システムを一層強化することで、これに応えていく所存です。司法試験合格に向けて、少人数教育の利点を最大限に活かしつつ、個々の学生のニーズに合ったよりきめ細かな教育サービスを提供していくことはもちろんですが、地域のニーズを踏まえたより質の高い法曹教育を実践し、地域に有為な人材を輩出していくことで、中四国における法曹教育の拠点校としての責務を果たしていきたいと考えております。

 半田山の麓、緑豊かなキャンパスで、次代の司法界を担う皆さんの入学を心待ちにしています。