「平成30年度法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラム」の審査結果について

「平成30年度法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラム」におきまして,岡山大学法科大学院からは下記の3件のプログラムを申請しておりましたところ,平成29年12月28日,文部科学省より審査結果が発表されました。

①地域中核法科大学院の地域連携による西日本(九州・中四国地区)における地域貢献の実現
②九州大学法科大学院との包括的教育連携協定に基づく法律基本科目を中心とした教育力改善・強化のための取組(九州大学法科大学院との連携プログラム)
③法学部・法科大学院教育、就職支援、継続教育の連携による地域ニーズに対応した先導的法曹養成教育システムの構築

これらのうち,①は「卓越した優れた取組」,②③は「優れた取組」として,それぞれ高く評価されました。配分率は,申請大学35校中第5位となる120%でした。最も高い評価である「卓越した優れた取組」として評価されたプログラムは,全137件のプログラムのうち3つにとどまり,「地域貢献」に向けた取組として評価されたのは,昨年度に続き,岡山大学が申請したプログラムのみでした。

岡山大学法科大学院は,これからも,「地域に奉仕し,地域に根ざした法曹養成」の教育理念のもと,「地域中核法科大学院」として,地域の法的ニーズを踏まえたより質の高い法曹人材の養成を実践していく所存です。引き続き変わらぬご支援を賜りますよう,宜しくお願い申し上げます。

平成30年1月8日

岡山大学大学院法務研究科長 神例康博

(ご参考)文部科学省HP
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houka/1399539.htm